WiMAXキャンペーン比較ランキング

ポケットWiFi・WiMAXキャンペーンがスゴイ!比較しなきゃ損!

ポケットWiFiやWiMAXなどモバイルデータ通信を契約するならキャンペーン情報を調べておかないと絶対に損!なんたって、契約するだけでキャッシュバックされるキャンペーンがいくつもあるんです!

2016年02月WiMAXキャンペーン比較ランキング

WiMAXは各プロバイダの月額はあまり差がありません。そのため各プロバイダはキャンペーンとしてキャッシュバックなどを行っていますが、こっそり実施されているキャンペーンも多く比較しにくくなっています。

今月は各社、WiMAXのルーターの在庫切れ等で、WiMAXのキャンペーンが終了していたりして、あまり盛り上がっていない感じで、各キャンペーンはWiMAX2+が中心となっています。

WiMAXキャンペーン総合人気ランキング

ポケットWiFiやWiMAXなどモバイルデータ通信を契約するならキャンペーン情報を調べておかないと絶対に損!なんたって、契約するだけでキャッシュバックされるキャンペーンがいくつもあるんです!

ポケットWiFi

ポケットWiFiというと、正確にはイーモバイルのモバイルWiFiルーターを指すのですが、すっかり認知されてることもあって、イーモバイルだけではなく、持ち運べるモバイルWiFiルーター全般をポケットWiFiというケースも少なからずあるようです。

イーモバイルのポケットWiFiとしても、WiMAX同様に、各社イーモバイルの回線を利用したサービスを運営しており、また、各MVNO社のキャンペーンなどを行っていますので、それぞれのイーモバイルのプランを比較し、人気ランキングで紹介していきます。

ポケットWiFiとWiMAXの違い

WiMAX(ワイマックス)は、Worldwide Interoperability for Microwave Accessの略で、無線通信技術規格…つまりワイヤレスブロードバンド通信の規格の1つです。人口の少ない地域や、光回線・メタル回線等の高速通信回線の敷設、DSLなどの利用が困難な地域で、一般家庭・企業へ通信のために接続を提供する最終行程(ラストワンマイル)への接続手段として使用されています。元々WiMAXというのは、中長距離エリアをカバーするための無線通信という目的を持っており、WiMAXのアクセス網は、Wireless MAN(Metropolitan Area Network)と定義されています。また、異なった機器間で相互接続性確保するため、IEEE802.16作業部と、業界団体のWiMAX Forumによって規格の標準化が現在進められています。

WiMAXは、電波が届く場所であれば、広範囲に渡って利用することが可能であるため、外出先や移動中でも高速インターネットを楽しむことができます。更に、WiMAXは有線ではなく無線となっているため、自宅内のどの部屋でもインターネットを利用することができますし、野外でもルータを設置することで、インターネットを利用することが可能となります。無線=ケーブル等が不要…ということですから、配線などの煩わしいものはありませんし、自宅以外の場所でもインターネットが途中で途切れることもありません。

このWiMAXは、ルーター(電波を発信する機器)を、使用したいパソコンやスマートフォン、ゲーム機と一緒に持ち歩くだけでインターネットの利用が可能となります。もちろん小型・薄型となっていますから、持ち運びが面倒になることもありません。スマートフォンほどの大きさ・重さなので、持ち歩くのには比較的便利だと思いますよ。つまり、有線LAN・無線LANに繋げることでしかインターネット環境を手に入れることができなかったので、家庭内やオフィス内などの限られた空間でしかインターネットを利用することができませんでした。しかし、WiMAXがあれば、いつでもどこでも自由にインターネットに接続することが可能となるのです。ですから、地下鉄や地下街にいると、電波が届かず、大抵のスマートフォンが圏外になってしまうと思います。しかし、WiMAXがあれば、電波の量に関係なく、スムーズに快適にインターネットを利用することができるのです(パソコンやゲーム機も同様)

…こう聞いてみると、WiMAXとポケットWiFiの違いはなんだろう?と思われる方が多いかと思います。いずれもワイヤレスでインターネットに繋ぐことができますし、回線速度も速いです、電波だけでインターネットに接続することができますから、この2つを似ているという印象を感じてもおかしくはありません。

仕組みとしては、携帯電話やスマートフォンの3G回線、またはモバイル通信専用の回線網をキャッチし、無線LAN対応ルーターによって、そのキャッチした電波を狭い範囲に強力な回線として配信します。そして、パソコン・スマートフォン・Nintendo DSやPSP等のゲーム機などのWifi対応機器から、Mobile Wifiへ接続することで、インターネットを楽しむことが可能となるのです。この無線LAN対応ルーターですが、このMobile WiFiを取り扱っている通信事業者に、イー・アクセス株式会社と、UQコミュニケーションズ株式会社が存在しています。イー・アクセス株式会社はイー・モバイル、UQコミュニケーションズはWiMAXを取り扱っており、イー・モバイルはポケットWiFi、WiMAXはUQ WiMAXという商品名で、サービスを提供しているのです。…つまり、ポケットWiFiもWiMAXも、実は同じMobile WiFiの無線ルーターを通しているのです。

もちろん、ポケットWiFiとWiMAXとでは、回線速度・料金・サービスエリアなど、サービス内容は異なっていますので、同じものというわけでは当然ありません。基本的なスペックを、ポケットWiFi(GP02)とWiMAX Speed WiFi(AtermWM3600R)で比較してみると、通信速度ならば、ポケットWiFi(GP02)は受信最大速度42Mbps/送信最大速度5.8Mbps、WiMAX Speed WiFi(AtermWM3600R)は受信最大速度40Mbps/送信最大速度15.4Mbps。重さは、ポケットWiFi(GP02)とWiMAX Speed WiFi(AtermWM3600R)いずれもおよそ110g。連続待受時間は、ポケットWiFi(GP02)はおよそ140時間、WiMAX Speed WiFi(AtermWM3600R)はおよそ170時間。連続通信時間は、ポケットWiFi(GP02)はおよそ4.5時間、WiMAX Speed WiFi(AtermWM3600R)はおよそ10時間。最大同時接続台数は、ポケットWiFi(GP02)は5台、WiMAX Speed WiFi(AtermWM3600R)は12台…となっています。

サービスエリアは、全国的に見ると、やはり先発なだけあって、ポケットWiFi(GP02)よりもWiMAX Speed WiFi(AtermWM3600R)の方が広いエリアで使用することができます。もちろん、WiMAXの方もサービスエリアは増えてきていますが、それでもポケットWiFiには敵いません。もっとも、今後はいずれもサービスエリアは拡大していくでしょうし、どちらが良いか…は、もうそれぞれ利用する方の好みではないでしょうか。

ビッグローブ WiMAX

ビッグローブはインターネットのプロバイダで、みなさんよくご存知でしょう。

このビッグローブの名前は英語でBIGLOBEと言いますが、BIG(大きい)とGLOBE(地球)を合わせて「大きい地球」という意味を持っています。サービスとしてはIPS事業、ブロードバンドメディア事業、プラットフォームサービス事業などを行っています。

インターネットでは光ファイバーやADSLそしてワイマックスなどの接続サービスを行っていて多くの利用者がいます。利用者については2007年3月末の時点では1663万人と言われており、日本国内でもトップレベルの利用者となっています。

ビッグローブの特徴は、接続に関するサービスが充実しているというところで、ブロードバンド接続サービスでは迷惑メールやウイルス有害サイトなどから守るセキュリティ・プレミアムを提供しています。

また、カスタマーサポートも充実しており、年中無休で24時間体制でネットワームなどの運用を監視しており、利用に関する問い合わせについても年中無休で対応しているなど、利用者にとって安心な環境となっています。

ビッグローブはWiMAXについてもデータ端末が0円といったキャンペーンを行っていたり様々なプランを提供しています。これからワイマックスを使おうと思っている人もビッグローブはそういった安心、安全という面ではとてもお勧めできるのでチェックしてみてはいかがでしょうか?